忍者ブログ
Rua
これは月の皇が創りし惑星の伝説
さわりさわりとその樹のようなものは動いていた。
否、自由に動くものだったものの筈なのだが、時が来たのか風に吹かれて動くだけのモノとなってしまった。
それに触れる獣がいた。
赤い鬣に、まるでガラスのような半透明な空色の瞳でそれを見つめながら触れている獣はそれがもはや己で動くことがない事を知らない。
獣は寂しそうに動かなくなってしまったそのモノに対してそのモノになってしまった樹の名前を呟いた。

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
キャットティル
性別:
非公開
職業:
フリーター生活満喫中
趣味:
小説書いたり
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
P R
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]